インプラントQ&AインプラントQ&A

インプラントQ&A一覧

顎の骨が少ないとインプラント手術は受けられないの?

顎の骨とインプラントの関係は非常に重要です。インプラントの治療は金属のネジのようになったインプラントを顎の骨に埋め込む治療なので、顎の骨が少なく、インプラントに十分な骨量がない場合、そのままではインプラント治療ができません。治療に際してこのような知識を持っていると非常に役立ちます。インプラントと骨の関係について詳しくご紹介いたします。

 

インプラントは手術を行い、チタンという金属でできたインプラントを下顎骨という下顎の骨や上顎骨という上顎の骨に埋め込む治療です。このため、インプラントを埋め込む部分の骨が少なくなりすぎている場合には、そのままではインプラントを利用することができず、他の方法を利用して治療を進める必要が出てきてしまいます。

 

骨というのは何の刺激もなくなっているとやがて少なくなってしまう性質があり、入れ歯を使わずに歯が無い部分を放置していると実は骨が減っていってしまいます。このような状態が続いていると、インプラントを埋めるのに必要な骨を確保できないことがあるのです。

 

このような骨の減少で特に注意が必要なのが下顎です。下顎の骨の内部には重要な神経や血管が走行しているので、下顎の骨が少なくなりすぎている場合には骨造成などの顎の骨を増やしていく治療方法を利用して骨を増やす必要があります。下顎の骨が少なくなりすぎている場合には入れ歯などの治療法を利用して治療を進める必要があることをよく理解しておきましょう。

カテゴリー:

インプラント手術時は痛くないのでしょうか?

インプラントの手術を受けるというのは治療のためとはいえ痛みの不安がつきまとい、治療を受けるのをためらってしまうかもしれません。歯医者ではインプラントの治療のために様々な麻酔を利用し、しっかりと麻酔を活用することでインプラントの治療を安全に勧めることができるようになります。歯医者で使う麻酔についてよく熟知しておくと治療を受けるハードルが大きく下がります。歯医者の麻酔法についてみなさんにご紹介いたします。

 

歯医者で使う麻酔の中でも特に広く利用されている麻酔は局所麻酔という麻酔法です。局所麻酔は注射器を使って麻酔薬を歯茎に注射する方法で、インプラントの治療以外にも虫歯の治療や歯茎の切開など様々な場面で利用される麻酔法です。局所麻酔を利用するとインプラントの治療で発生する痛みを消すことができるので、インプラント治療を行うときにはこの局所麻酔を利用するのが一般的なのです。

 

麻酔を利用することで痛みなく治療を受けることができるのですが、局所麻酔では不安感を落ち着かせたり、気持ちを落ち着かせる効果はありません。このため、不安感が強い場合には静脈内鎮静法という気持ちを落ち着かせる治療を併用する場合があります。インプラントの手術を行う間に点滴でうとうとと眠くなるようなお薬を利用することで不安感を感じずに治療を終えることができるので、治療の不安感から血圧が高くなってしまうかたや精神的な負担が大きくパニックを起こしてしまう方にはこのような治療を併用する場合があります。しっかりと麻酔について熟知しておくと治療を選ぶ際に役立ちます。歯医者の麻酔に不安を感じる場合には一度歯医者に相談するようにしましょう。

 

カテゴリー:

インプラントすると、どんなメリットがあるの?

インプラントの治療というのは様々な治療に応用することができます。このため、インプラント治療は単に人工の歯を取り付けるということ以上の大きな魅力があり、このメリットを知っておくと治療の選択に役立ちます。インプラントの治療に欠かすことができないインプラントの様々なメリットについてみなさんに詳しくご紹介いたします。

 

インプラントというのは人工の歯根のことで、インプラントを利用するとこれまで歯が無くなっていた部分に人工の歯を取り付けることができます。インプラントを利用した人工の歯はしっかりとものを噛むことができ、しかも噛み心地は非常に快適です。インプラントはこのような歯を支える土台として用いることもできるのですが、実はブリッジや入れ歯の土台としても利用することができ、このようなインプラントの使い方で、非常に快適にものを噛んだり発音をすることができるようになります。

 

入れ歯の土台としてインプラントを利用すると外れたりずれたりすることのない入れ歯にすることができるので、人前で食事をしたり、人前で話をするときにも何の不安も感じることなく生活を送ることができます。インプラントはお口の中に強固な土台を作る非常に重要な手段です。インプラントを利用した治療を考えるときにはこのようなメリットまでしっかりと考えることが重要です。人によって向いている治療は異なるので、どのような治療法が最適なのかしっかりと歯医者と相談するようにしましょう。

 

カテゴリー:

インプラント手術に痛みはあるの?

インプラントを利用した治療というのはどうしても手術を伴うものであり、治療に際して痛みを不安に思われるものだと思います。実はインプラント治療は痛みをしっかりとコントロールするとほとんど不快な思いをしなくても治療を受けることができ、痛みに対してもほとんど心配する必要はありません。しっかりと痛みについての基本的な知識を身につけておきましょう。

 

インプラントを利用したいと考える患者さんは常に痛みに対する不安を訴えてきます。治療に際してどれだけ痛みがあるのか、痛みが引くのにどれくらいの期間が必要になるのかといった基本的な知識は非常に重要です。インプラントの治療では歯茎を切開し、インプラント本体を骨に埋め込んで行きます。このため、治療には麻酔を用い、痛みをコントロールし、患者さんは治療の間全く痛みを感じずに過ごすことができます。

 

治療に利用する麻酔は局所麻酔という注射の麻酔なのですが、しっかりと麻酔をかけるとインプラントの治療でも痛みなく治療を受けることができます。局所麻酔は痛みを取り除くことはできるのですが、治療を受ける不安から治療を受けるのが困難な場合には痛みを止める麻酔以外に静脈内鎮静法という気持ちを落ち着かせる治療を行いながら手術を進めることがあります。ドキドキすることで循環器にトラブルを起こしやすい方や精神的に耐えられない場合にはしっかりと気持ちを落ち着ける治療が必要になるので、不安を覚える場合にはすぐに歯医者に相談するようにしましょう。

 

カテゴリー:

インプラント治療ができないケースはある?

インプラントの治療というのは患者さんの体に少なからず負担をかける治療です。このため、実は患者さんによってはインプラント治療を受けられなかったり、治療を受けるためにある程度準備をしてもらう必要がある場合があります。インプラント治療を受けることができないケースについてみなさんに一度詳しくご紹介いたします。

 

インプラント治療は基本的にどなたでも受けていただける治療なのですが、実は一部の患者さんはインプラント治療に適していないケースがあります。インプラント治療を受けることができない代表的な事例は全身の病気です。血液が固まりにくい病気を持っていたり、全身の免疫状態が悪くなる病気を持っていたり、骨粗しょう症の薬を使っている場合には治療によって健康を害してしまうことがあるので、実はインプラント治療を避けることがあります。

 

このような全身の病気を抱えている場合、治療が可能なのであればまず全身の健康を回復させ、治療を受けることができると判断できるようになってからインプラントの治療を進めていきます。インプラントの治療は非常に時間がかかる治療です。インプラント治療を受けることができるかどうか、不安に思うことがある場合には一度医師・歯科医師と相談し、適切な治療を選ぶようにしましょう。

 

この他にも、インプラント治療を受ける前に気をつけなければいけないのが歯周病です。歯周病は骨を溶かしてしまうことがある病気で、歯周病によってお口の状態が悪くなっている場合にはまず歯周病の治療が優先されます。歯周病をお持ちの場合には歯を失ってしまうことがあり、インプラント治療が必要になることがあります。インプラント治療を必要としている場合には一度歯医者に相談するようにしましょう。

カテゴリー:

CONTACT お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちらでお気軽に!043-462-8330

無料カウンセリング

すが歯科クリニック SUGA DENTAL CLINIC

すが歯科クリニック
〒285-0854 千葉県佐倉市上座590-46 NAビル1F
TEL 043-462-8330
京成本線/山万ユーカリが丘線 ユーカリが丘駅より 徒歩3分

 
09:00 - 13:00
14:30 - 18:30

▲ 土曜の午後は14:30〜17:30の診療となります
【休診日】 木曜・日曜・祝日

2020年4月以降より下記の診療時間となります。
平日:9時〜13時/14時30分〜18時
土曜日:9時〜13時/14時30分〜17時

無料メール相談